FileMakerをまなぶ

FileMakerをまなぶ、とは

自社でFileMakerを使った開発をしたいというご要望に対するメニューを設けました

FileMakerに関するお問い合わせの中に、「すでに社内でFileMakerを使ったシステムがあるのですが、担当者が思い思いに自分のデータベースを構築してきたので、社内での一貫性がないのです」というものが多く聞かれるようになりました。

FileMakerは、Microsoft社のAccessと比較しても手軽に導入できるデータベースとして、急激にユーザー数が増えています。レイアウトやデータベースの構築が容易なので、計画性無く担当者任せにしてしまうと、ともすれば「同じ目的を持ったファイルが担当者分できあがっている」状況も起きかねません。特に私たちがよく目にするのは、「納品書」や「見積書」が担当者ごとに作られているという現状です。

今まで、エクセルやワードに慣れてきたため「データファイルの共有」は一切行わなかったという事を耳にします。実際、FileMakerを選択するメリットに「データファイルの共有かが容易である」という点があり、それがうまく活かされないケースが多いのです。そこで、ワークスペースは提案します。

社内の財産。これまで蓄積したデータを改めて見直してみませんか?

FileMakerデータベースを社内でひとつに統合すると

  • ファイルの暗号化、データ通信のSSL(暗号化)化、アクセス権設定による入力・閲覧権限の厳格化で社内のデータをセキュリティ管理できるようになった
  • 担当者が代わっても引き継ぎが容易になった
  • 顧客や経営分析が容易になり、経営戦略が立てやすくなった
  • バラバラだった社内の仕事の流れに一貫性が出てきた

例えば、このようなメリットがあります。

ワークスペースは、ファイルメーカー株式会社から認定を受け、こうした効率化を望む企業様に対して、コンサルテーションやトレーニング、ライセンスの販売を実施するプログラムを持っています。管理者として育成し、社内のデータベース収集から開発・管理までをトレーニングするプログラムです。

御社で利用しているデータベースを教材として、現場で使えるデータベースの知識を習得すると同時に社内で活用できるデータベースを開発するチャンスです。

FileMakerを自社開発したいお客様のために、FileMakerトレーナーのワークスペースが開発トレーニング、コンサル、社内ワークショップメニューをご用意しました。

FileMakerをまなぶメニュー

FileMakerイベント・ワークショップのご案内
自社開発の支援に FMトレーニング
FileMakerの運用とお悩み相談 FMコンサル
開発チームの士気を高める FMワークショップ

ワークスペースはFileMakerとWEBの技術で企業の成長に貢献するシステム開発