2018年01月30日 EC事業者向けF-REGIカード、ZEUS決済接続について【重要】

【EC事業者様向け】改正割賦販売法への対応について
クレジットカード決済のセキュリティ対策

クレジット取引の不正使用被害の増加にともなって、経済産業省より「クレジットカードにおけるセキュリティ対策の強化に向けた実行計画」が2016年2月に発表されました。また、「クレジット取引セキュリティ対策協議会(日本クレジット協会)」においても、国際水準のクレジットカード取引のセキュリティ環境を整備するため、2020年に向けた具体的な目標・各主体の役割等を取りまとめた「実行計画」が発表されました。

これに伴い、弊社が過去開発した「ショッピングカート(お買い物カゴ)」システムで「クレジットカード決済」にF-REGI、ZEUSのデータ伝送(API接続)型をご利用頂いているお客様は2018年3月までにプログラムの変更が必要な場合があります。

これらデータ伝送(API接続)型は従来自社ドメインにSSL証明書をインストールすれば、各決済会社での承認が下りお客様の注文前に安全にカード決済が完了するメリットからお客様が直接F-REGI、ZEUSとご契約され、お客様からのご要望でプログラムを作成して納品運用して頂いておりますが、前述のセキュリティ対策に伴い「非推奨」とされております。

いずれデータ伝送(API接続)型は利用できなくなる可能性もあります。ECサイト上で決済処理をする、保存が可能、ECサイトから決済サービス会社のサーバーにデータが通過するためデータ伝送の経路で漏洩の危険性が考えられることが主な理由です。弊社が開発したカートシステムは、これまでもECサイト上でカード番号の保存は一切しておりませんのでご安心ください。

このことから、以下のとおりF-REGI、ZEUSのデータ伝送(API接続)型サービスをご利用中のお客様においては下記価格にてプログラムの変更対応を致します。 価格は表記のとおり一律とさせて頂きますのでご了承ください。期限が近づきますと多くのお客様のご対応のため開発が遅れる可能性があります。お早めにご相談ください。

F-REGI・ZEUSのクレジットカード決済接続方法変更
データ伝送(API接続)型を利用のお客様のプログラムをJavaScript(トークン)決済に変更
200,000円(税別)〜

F-REGI (株式会社エフレジ)
https://www.f-regi.com/service/securityPlan.html

ZEUS
http://www.cardservice.co.jp/point/security_plan.html