2019年04月01日 FileMaker 新元号対応について

5月1日から新元号「令和」になると決定しました。
FileMaker ラインナップの新元号「令和」への対応について、ファイルメーカー社では以下のような対応予定とアナウンスされています。

4月25日(木) 本日、FileMaker バージョン17は新元号にアップデート対応しました。

FileMakerメニューの「ヘルプ – ソフトウェアの更新」を選択して最新版をご確認ください

お使いのカスタムAppで元号をお使いの方はぜひ、最新版のFileMakerをお使いいただきご対応ください。
以上、ご案内まで。

※ 旧バージョンのFileMakerをお使いのみなさまへ
[ 日付の形式を元号から西暦に変更する方法 ]

1. ウインドウ右上の「レイアウトの編集」ボタンを押してレイアウトモードに切り替えます
2. 西暦に変更したい「日付」のフィールドをクリックします
3. ウインドウ右上の「i」(インフォメーション)アイコンのボタンをクリックします
4. 表示されたダイアログの一番右「データ」をクリックして選択します
5. ダイアログの一番下、「データの書式設定」から「カレンダー」を選びます
 (左から「.01」「カレンダー」「時計」「写真」のアイコンが並んでいます)
6. 5.のボタン下にある「書式」ドロップダウンを任意の形式(西暦表示)に変更します
7. レイアウトを確定するため、メニューの「レイアウト」 – 「レイアウトの保存」をクリックします
8. ウインドウ右上の「レイアウトの終了」ボタンをクリックして終了します