ホームページ制作

WEBサイト(ホームページ)の最適化サービス

XHTMLがSEO対策になる?

2006年以降、XHTMLをSEO対策として推奨する動きがありました。ワークスペースでも2006年以来XHTML + CSSによるサイト設計を推奨してきました。最近では、WordpressをはじめとするCMSツールが充実してこうしたXHTML記述が一般的になってきたこともあって、それほど意識しなくても最初からXHTML記述したサイト作りができるようになりました。

ところで何故XHTMLがSEO対策になったのでしょう?
理由はサイトの構造がシンプルだからです。「サイトのXHTML化」という言葉を聞くと、難しい構造でサイトを作るように勘違いしがちですが実は検索エンジンの巡回ロボットが読みやすい様にサイトを作り直す作業と、それでいてデザイン性を重視した丁寧な作りに変える事が作業の大半です。
そもそも、検索エンジンの巡回ロボットは人間のようにブラウザを通すことなくHTML(サイトを構成するソースコード)から、見出しや本文などの文章定義と共に、重要なキーワードをピックアップしています。という事はソースコードを正しく記述する事でキーワードが自然に浮かび上がって認識されやすくなる。それこそがXHTML化する最大のメリットだったのです。

また、サイトをXHTML化すると更新作業の時もソースコードの何処を変更・削除すれば良いか一目で分かるようになります。複雑な構造よりも如何にシンプルに作るか?更新作業の時間節約にもなり、結果、更新作業の時間を他の仕事に回せて効率化を図ることができます。
シンプルに作られたHTMLは、ページの読込が高速です。素早いページ表示も、また、SEOに深く関連していると言われています。

ワークスペースの提唱するホームページ制作

良くある安価なホームページ制作サービスは、このようなコーディング(たとえばXHTMLなど)は深く考えなかったり、JavaScriptライブラリといった仕掛けの大半をサンプルからコピーしただけで問題点や課題として考えられていないため、後に変更したり修正する時に時間や費用がかかることがあります。

前述のようにSEO対策は丁寧なコーディングが重要である事はお分かりいただけたと思います。
XHTMLの記述を提唱してから8年の実績を持つワークスペースが作るホームページは、デザインと同じくらい丁寧なソースコードの記述を心掛けています。

更に、ワークスペースのホームページ制作サービスはサイト全体の構造設計からお客様の流れの解析、商品やサービスのアピールから資料請求・問い合わせ・購入に至るまでのシステムと絡めた提案を心掛けているので、総体的にみれば格安ホームページ制作サービスよりも安価で効率よく、(売上や効率)効果のあるホームページを入手できます。

HTML5サイトの制作

まだ、ブラウザによって解釈が異なる部分があるため全てのブラウザ対応は難しいですが、ワークスペースではHTML5を使ったコーディングサービスも手掛けています。お客様からの要望に応えるというよりむしろ、当社が培った技術力をお客様にフィードバックして共に、お客様のWEBサイトに最新技術を採用するお手伝いをさせて頂きます。

スマホ向けホームページ制作

ワークスペースは、PCよりも手軽で利用されるスマホ向けのホームページ制作も手掛けています。画面の解像度やマウスやキーボードが無いスマホは、PC向けホームページとは別のボタン・リンクの設定、ナビゲーションの方法などを設定することが重要です。問い合わせ・資料請求・購入システムにおいてもエンドユーザーの入力するフォーム部品(テキストやプルダウン、ラジオボタン等)も画面や操作性に合わせたものを用意しないとせっかく作っても使われない、残念な結果となってしまいます。こうした課題についてもワークスペースがお手伝いさせて頂きます。

ホームページ制作だけでなく

1998年にWEBシステム開発会社としてスタートしたワークスペースは、ホームページ制作だけでなく、サイト設計・前述のようなコーディングやJavaScript、jQueryの導入、そして勿論PHP、Perlといったスクリプト言語でのWEB開発、MySQLやPostgreSQL等のデータベース開発においてもサポート致します。スポットでのサービス提供も行っておりますのでお気軽にご相談ください。

※ 受注に際しての大切な注意事項がございます。かならず事前にこちらをご確認ください。

お問い合わせはこちらをクリックするか、お気軽に TEL(0584)82-5819までお電話ください

ワークスペースはFileMakerとWEBの技術で企業の成長に貢献するシステム開発